本文へ移動

児童養護施設岩内厚生園

児童養護施設 岩内厚生園

児童養護施設とは、児童福祉法に定める児童福祉施設の一つで児童福祉法第41条は「児童養護施設は、保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設」と定義されています。児童相談所の判断に基づき、都道府県知事が入所措置を決定する児童福祉施設となっています。

児童養護施設における養護は、児童に対して安定した生活環境を整えるとともに、生活指導、学習指導、職業指導及び家庭環境の調整を行いつつ児童を養育することにより、児童の心身の健やかな成長とその自立を支援することを目的としています。

児童福祉法第48条の2では、「地域の住民に対して、児童の養育に関する相談に応じ、助言を行うよう努める」とも規定されています。

戦後の混乱期、かつて孤児院と呼ばれ戦災孤児、浮浪児、引揚孤児等の保護育成事業を行ってきた養護施設は、1947年(昭和22年)児童福祉法の成立を受け、児童福祉最低基準に基づき、児童の健全育成及び児童福祉の積極的推進を図ってきました。1997年の児童福祉法の改正に伴い、名称を児童養護施設と改称されています。

児童養護施設はその形態で大きく分けて大舎制のもの、中舎制のもの、小舎制のもの、またはグループホームがあり当施設は大舎制をしいています。大舎制の特徴は、一つの大きな建物の中に必要な設備が配置され、大きな食堂で一緒に食事をしています。。共同の設備、生活空間、プログラムのもとに運営されていますが、プライバシーが守られにくい事や家庭的雰囲気を出しにくいという問題点もあります。しかし、新園舎にはその問題点を改善できるように工夫されております。
創立記念日
1908(明治41)年5月
経営主体
社会福祉法人岩内厚生園
所在地
〒0450012北海道岩内郡岩内町字宮園1番地2
電話番号
0135-62-0729
FAX番号
0135-63-0626
定員
55名
職員
施設長:1名/事務員:2名/嘱託医:1名
栄養士:1名/調理員:5名(内非常勤職員1名)
児童指導員:5名(内非常勤指導員1名)
保育士:8名(内非常勤保育士3名)
心理職員:1名
自立支援専門員 1名
内(基幹的職員:1名/個別対応職員:1名/家庭支援専門相談員:1名)

※令和5年4月1日現在。

地域小規模児童養護施設友和(ゆうわ)

地域小規模児童養護施設「友和(ゆうわ)」は、社会福祉法人岩内厚生園で令和2年に開設した定員6名の少人数の児童養護施設で、グループホームとも言われます。「友和」は小樽市と札幌市の間に位置し、施設が民家を借りて、地域の家屋と同じ家庭的な雰囲気で作られています。
職員は、毎日の生活に必要となる日用品や食材の買い物や食事作り、洗濯掃除など、入所している子ども達の自立支援などを行ってます。
まだ、開設して間もないですが、子ども達も職員も地域の一員として近隣の方々と交流する機会や町内会の行事への参加など、子ども達の成長を見守ってもらえるような施設にしていきたいと考えております。
「友和」の運営は、岩内厚生園拠点内で行われ、行事や様々な支援もその家庭的な形で行うようにしています。
所在地
〒047-0152 北海道小樽市新光3丁目5番14号
電話番号
0134-61-7940
緊急連絡先
080-7382-0555
職員
保育士:3名(内、非常勤1名) 
※ 令和5年4月1日現在 
社会福祉法人岩内厚生園
〒045-0012
北海道岩内郡岩内町
字宮園1番地2
TEL.0135-62-0729 FAX.0135-63-0626
1.児童養護施設岩内厚生園
地域小規模児童養護施設 友和
2.児童発達支援事業
3.放課後等デイサービス事業
4.子育て短期支援事業
TOPへ戻る